「美容業界」元気化計画集団サイト [Beauty Pro] 略してビュープロ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://beautypro22.blog12.fc2.com/tb.php/38-65449f02

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【スピリッツ】 教育するということは

会社(店舗)における「新人」と呼ばれる時期は非常に短い。

弊社の場合、3ヶ月もすればどこかの店舗に必ず後輩が出来ます。

このようにすぐ後輩が出来る組織の中に居れば、自ずと「教育」するという立場に立つことになります。

では、教育する上での心意気はどのようなものを持つべきなのでしょうか?

分かりやすく5つにまとめましょう。

①自分自身の常識やものさしで接しないこと。
②信賞必罰であること。
③仕事の厳しさ、そして楽しさを伝え、体験させること。
④後輩に苦労(努力)させること。
⑤裏切られても信じてやること。


んー、、どれが抜けても駄目ですね。
自分の物差しで接すると、「なぜ分からないんだ!」「なんでそんなに思いないんだ!」などの気持ちになり、
「そんな気持ちなら店の士気が下がる」
なんてことを思ってしまいます。
③にあるように、それを教えてやることも「教育」です。
そして、②にあるように、出来てることはしっかり褒めてやるべきです。
しかし駄目なことは、しっかりと叱ってやることです。

また、努力、苦労をさせることで人は成長します。

そして最後に、これ大事ですね、裏切られても信じてやることです。


後輩への接し方、、、どうですか?

自分自身の中で考えてみてください。
そして、行動してみてください。


では、今日も一日頑張ってください!


弊社サロン まつげエクステ専門店Blanc(ブラン)のページへ

弊社運営 まつげエクステ専門スクール (アイリスト養成講習)のページへ
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://beautypro22.blog12.fc2.com/tb.php/38-65449f02

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix





メニュー

Beauty Pro プロフィール

BeautyPro

Author: BeautyPro
このページをご覧頂きありがとうございます。
自らも店舗を経営する、美容系サロンのコンサルタントサイトです。

最新記事

月別アーカイブ

お問い合せフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。